産後太り
スポンサードリンク
スポンサードリンク

産後太りとは

産後太りは、乳児を育てながらの状態ではなかなか難しく、その後もその脂肪は減らすことが出来ずに悩む女性が多いようです。産後ダイエットというのは、なるべく早く始めるのが効き目があるそうで、出産後約6か月までに始めるのが最も良いと言われています。 妊娠中は、胎児を含め妊娠前プラス10キロ前後の体重増加が理想的です。妊娠前の体重や受診している産婦人科によっては、10キロよりも少なく、8キロまでに抑えるように、と厳しく言われる場合もあるようです。 体重管理は、妊娠中毒症などの症状を防ぐために、妊婦にとって大変重要になりますが、妊娠中の体重管理はうまく運動が出来ないこともあり、なかなか難しいようです。

 産後約3ヶ月頃から使用。週5日、1日6000歩以上歩くことで、機能が発揮されます。送料無料☆7%OF...

産後太りの原因

体重管理を気をつけていても、思いのほか体重上昇してしまい「産後太り」とあわせて、結果としてかなりの体重増加となってしまう方も少なくありません。 出産後、授乳での子育ての場合は、栄養を乳児にも与えなければいけないため、意外に体重が急増することは少ないようです。しかし、断乳後、乳児と自分の2人分の食欲と食習慣が残ったまま食べ続けてしまうと、一気に産後太りになってしまうことがあります。 また、出産時に広がった骨盤をそのままにしておくと、脂肪がつきやすくなり、産後太りで最も気になる「下半身太り」という状態になります。 さらに、出産後は乳児の子育て中心の生活になってしまい、妊娠前よりもはるかに運動をする機会が減ることによって、産後太りをさらにひどくさせる原因となります。 最近では、出産した産婦人科などで、無料の「アフタービクス」と呼ばれる産後エアロビクスなどの講座が開かれるようになりました。ベビービクスと併せて講座を開いてい場合も多いので、時期的にも産後太り解消にはぴったりの産後6ヶ月以内に積極的に利用すると良いでしょう。

骨盤矯正の体操

お腹に胎児が入っていたことによる姿勢の矯正や、骨盤をしっかりと元にもどす体操、骨盤底筋の強化による失禁の防止など、産後太り以外にも気になる産後の症状を全て解消してくれます。 骨盤矯正の体操など、骨盤のゆるみを解消する体操は、ネットや書籍などでいろいろあるようです。無理のない範囲で持続すると良いでしょう。 その際には、効き目に即効性のある、産後1ヶ月以上6ヶ月以内、という早い段階に行うことが良いでしょう。栄養分を与えている授乳中を終えた断乳後は、食生活に注意すること、などに気をつけて、産後太り改善に努めましょう。

産後太り